ブログトップ

匙 屋 ー 旧ブログ ー

sajiya.exblog.jp

色柄物

c0064161_155829.jpg

骨董市をつらつらと眺めて歩く中
お皿や着物を見ても
絵付けのものや柄物には
目がいかなかった。

なぜこちらの赤絵のお皿が500円で
こちらの赤絵のお皿が12000円なの?
さっぱりわかりませんでした。

毎月毎月骨董市を楽しみに出かけるうちに
(これすてきだなー)と初めて赤絵のお皿に目がとまり
手に取ってみると高価な値段が。
気のせいか少しばかり目が肥えたのかしら。

「イイッ!」と思ったその「イイッ」を、言葉にするのは難しく
いまだ何が違うのだろーと思うばかり
でも、それ以来赤絵や印判手や染め付けばかり
目が探すようになった。

普段着る物も無地ばかり着ていたわたしが
柄物も選ぶようになった。
これは当然、世界が広がって楽しいわけですよ。

思い切って
彫刻刀で落書きが始まったのは
黒いお盆。
狙わず、考えすぎず(?)必要な線(?)を探して
思い切って彫刻刀を入れる。

kosajiya
[PR]
by kosajiya | 2007-10-03 15:39 | *いまここ 
<< ひとだんらく 色いろいろ >>