ブログトップ

匙 屋 ー 旧ブログ ー

sajiya.exblog.jp

小さな手

親子参加が多かった今回の「作業場として」。
幼稚園の年長さんから小学校6年生、中でも3年生の子が多かったでしょうか。
工程はのこぎりで丸太を切って
ナタで箸のサイズまで裂いていき
最後は、小刀で削り仕上げ。
いざ、道具を渡してみるとなんて小さな手。
小さな手で必死にハンマーをふるってナタをたたき
スイカが割れるように丸太が割れると達成感溢れる顔が印象的でした。
c0064161_17294287.jpg
また大変だったのが、小刀での削り。
ナタで分けた時点ですでに“私の割り箸”に
なっている杉の棒に言うことを聞かない小刀を
がしがしとあてて悪戦苦闘している小さな手。
匙屋はリンゴでも剥くかのようにさくさくと木を削っているけれど
大人でも大変な作業。

こちらは冷や冷やでした。
できない!と言って、あきらめちゃうかしら。
泣き出したりしないかしら。

“私の割り箸”に向かう姿は、目には見えないはずのものが
形になって目の前にあるようでした。
すごい集中力と根気と執着と負けん気と気持ちよさと・・・
大きな手、小さな手、どれも一生懸命でした。

みんな小刀の刃を押す親指を真っ赤にしながらも
「もういっぽん、つーくろ!」とたーくさん作ってゆきました。

子供達とふれあう機会が少なかった匙屋の二人は
二日間を終えて、「子供達から若さを吸い取って、若返るとはこういうことか・・・」
「是非ともこういう機会は増やさないと」しめしめといった感じにクワダテ中です。
kosajiya
[PR]
by kosajiya | 2006-12-19 19:35 | *いまここ 
<< 散髪 丸太集め >>